WordPress

ConoHaWINGでWordPressブログを立ち上げる全手順【10分完結】

2020-08-13

ConoHaWINGでWordPressを始める全手順【30分で完了です】
悩める人
ConoHaWINGでWordPressブログを始めたいです。WordPressは初めてなので、手取り足取り教えてもらえますか?

こういった方向けの記事です。

この記事の内容
  • ConoHaWINGでWordPressブログをスタートする方法【10分で終わります】
  • ConoHaWINGでWordPressを開設したら次にやるべきこと【必須の設定をしよう】

こんにちは、とも(@Tomo___san_2525)です。

ブログ運営歴は2年、WordPress歴は1年半になります。
毎日更新・SEO・Webライティングのスキルを活かし、副業ブロガーとして暮らしています。

そんな僕ですが、先日、WordPressブログを新しく開設しました。

ConoHaWINGでWordPressブログを立ち上げる手順を、実際のパソコン画面をお見せしつつ、すべてまとめます。

2021年現在、WordPressを開設するならばConoHaWINGがかなりおすすめです。

ConoHaWINGの強み

  • 国内最速のサーバー ← サイトの表示速度が速くなる
  • 他社サーバーよりも価格が安い
  • 管理画面が使いやすく、初心者向け

エックスサーバーやmixhostなどに比べ、歴史が浅いサーバー。

そのため価格が抑えられており、しかも性能は他社に引けを取らない。優秀です。

有名なブロガーさんたちも、ConoHaWINGに乗り換えている人が増えています。

有名なブロガーさんたちも、ConoHaWINGに乗り換えている人が増えています

この記事の手順を踏めば、これまでWordPressに触れたことがない方でもかんたんにブログを立ち上げられますよ。

はじめてConoHaWINGで申し込んだら、圧倒的に「ラク」でびっくり。すべて解説します!
Tomo

今日から、WordPressでブログライフを始めましょう。

ConoHaWINGでWordPressブログをスタートする方法【カンタンです】

ConoHaWINGでWordPressブログをスタートする方法【カンタンです】

事前に必要なもの

  1. パソコン(インターネット環境)
  2. スマホ(携帯電話番号)
  3. メールアドレス
  4. クレジットカード

必要なものは上記4つだけ。

まず、WordPressでブログを運営するときに必要な「3つの要素」について知っておきましょう。

ブログ立ち上げに必要な3つのモノ

  1. ドメイン ← サイトアドレスの元になる(例:tomosanblog.org)
  2. レンタルサーバー ← ブログを設置するインターネット上の「家」
  3. WordPress ← サイトを誰でも簡単に扱えるツール

上記の3つです。

聞き慣れないと、難しく感じるかもですが・・・。大丈夫、詳しい人の方が少ないです(笑)

そして何よりConoHaWINGには、「WordPressかんたんセットアップ」というプランがあります。

カンタンインストールとは?

ドメインと、レンタルサーバーと、WordPressのインストールを、全てまとめてやってくれるサービスです。

ようは、知識がない人でも全く問題なく、上級者と同じ形でWordPressブログが立ち上げられるってこと。

このサイトも、「かんたんセットアップ」で10分ほどでサクッと立ち上げることができました。

そう考えると、昔はドメインとサーバーを自分で紐付けたりする必要があって、初心者には敷居が高かった・・・。
Tomo

それでは、さっそく始めていきましょう。

ConoHaWINGに申し込む手順【WordPressインストールまで】

まずは、ConoHaWINGのサイトにいきましょう。

※マウスを右クリック → 「新しいタブで開く」にすると作業がしやすいはずです。

> 今すぐ申し込み をクリックです。

ConoHaWINGはら申し込みを開始しましょう

まず、ConoHaを利用するのが初めての方はアカウントを作りましょう。

ConoHaを利用するのが初めての方はアカウントを作りましょう

ここで入力したメールアドレスとパスワードは、今後も使うのでメモっとくこと!
Tomo

アカウント開設完了後、下記画面になれば準備OKです。

アカウントが作成できると画面が切り替わります

ここからの手順は、大きく分けて3つ。

あと3つの手順で申し込みが完了です(神速)

  1. プラン選択
  2. 情報入力
  3. お支払い方法の選択

順番に見ていきましょう。

STEP①プラン選択

申し込むサーバーのスペックや、サイトのドメインを決めることができます。

・・・と、いいつつも、必要事項をテンプレ的に入力していくだけです。

※この画面での入力が「キモ」です。ここが終われば、80%の作業が終了なので頑張りましょう。

まずは、前半パート。

プラン選択画面です

困ったとき用のメモ

  • 料金パック → 「WINGパック」を選択
  • 契約期間 → 36ヶ月がおすすめ
  • プラン → ベーシックを選択
  • 初期ドメイン → 使わないので、テキトーでOKです
  • サーバー名 → これも、なんとなくでOK(「○○サーバー」とか)

上記のとおりです。

個人ブログをやるならば、プランはベーシックで充分。超高性能なサーバーは不要です。

そして「契約期間」ですが、ここは予算と相談して決めればOK。月額料金が1番安いので、僕は36ヶ月にしました。

ConoHaWINGの料金表

  • 3ヶ月:3630円(月額1100円+税)
  • 6ヶ月:6600円(月額1000円+税)
  • 12ヶ月:11880円(月額900円+税)
  • 24ヶ月:22440円(月額850円+税)
  • 36ヶ月:31680円(月額800円+税)

ブログを長く続けていくなら、月額料金が1番安い36ヶ月プランがおすすめ。

ガチのガチで初めてで、少し不安って人は12ヶ月(=1年)くらいでもいいでしょう。更新は後からでもできますんでね。

ちなみに、例えばエックスサーバーだと3ヶ月で7260円なので、、、。
ConoHaWINGにする時点でかなりおトクです。

いきなり1~3万円の出費はデカすぎる・・・と思うかもです。しかし、自分のホームページを、高機能のサーバーで3年間も使い放題ですからね。ぶっちゃけ、安いです。

そして、3万円は「1日」で回収できます。
セルフバック」という方法を使うのですが・・・まずはWordPressブログを開設してからですね。

初心者の方は、まずは様子見で6ヶ月や12ヶ月、とかで全然いいと思いますよ。
Tomo

続いて、そのまま下へ行くとWordPressかんたんセットアップに関する入力画面になります。

WordPressカンタンセットアップの必要事項を入力する画面です。

利用するを選び、必要事項を入れていきます。

ここは、少し詳しく解説しますね。

作成サイト名

ブログのタイトルですね。

ブログのタイトルを入力する画面です

ちなみに、後から変更できるので悩む必要なし。

サクッと、なんとなくのブログ名を入れておきましょう。

作成サイト用新規ドメイン

こちらが、あなたのブログのURL(サイトのアドレス)を決める部分になります。

これは、一度決めると変更不可です。

ドメインを決定する画面です

ドメインの末尾ですが、いろいろあるので好きなものを選んでOK。

有名どころでいうと、.com.net、あとは.orgあたりもブロガーに人気です。

当サイトのドメイン末尾は.comですね!
Tomo
ドメインについて覚えておくと良いポイント

  • ドメイン名は、ブログ名と関連していた方がSEOにやや有利
  • ドメイン名は、あまり長すぎない方がSEOにやや有利
  • ドメインの末尾は、マイナーなものよりメジャーなものの方がやや有利

ドメインは、若干ですが今後のブログのアクセス数に影響する部分。

僕は過去に、ものすごくテキトーなドメインを取得してガチ後悔しました。しっかり選びましょう。
Tomo


すでに誰かが使用しているドメインは使えません。
末尾を変えるか、別のドメイン名を選びましょう。
ドメインの重複を知らせる警告が出ている画面です

WordPressユーザー名・パスワード

WordPressのユーザ名とパスワードを入力する画面です

なおパスワードについては、セキュリティ面で言うとブログ名やドメイン名と全く同じにするのは避けるべき。

WordPressは、世界中の人に広く使われています。つまりユーザー名とパスワードがバレると、誰でもあなたのブログをいじれてしまうので注意です。
WordPressテーマ

ここは、お好みでどうぞ。

全て優秀なWordPressテーマですが、値段がそれなりにします。初心者の方は、とりあえずCocoon(無料)を選んでおけばOK。

↑おすすめのWordPressテーマは、上記記事でまとめてます。

テーマについても、後から変更可能です。というか、テーマのインストールまでやってくれるんですね。神。
Tomo

ここまで入力ができたら、次へボタンをクリックです。

STEP②|お客様情報入力

個人情報の入力をする画面です

ここは、サクサクいきましょう。

*必須となっている部分を、上から順に入れていけばOKです。

続いて、「SMS認証」の画面になります。

いわゆる本人確認ですね。

SMS認証をする画面です

これで、スマホのSMS(ショートメール)に認証コードが届きます。

スマホ紙送られてきたコードを入力して、完了です

本人確認は、これでおしまいです。

SMS認証の方がラクなのでおすすめです。もしうまくいかなければ、電話認証を選べばOKですよ。
Tomo

STEP③|クレジットカード情報を入力する

クレジットカード情報を入力します。

※ConoHaWINGに限らず、ほとんどのサーバー会社がクレジットカード支払いのみの対応です。上限10万円のやつでいいので、クレカを1枚発行しておきましょう。

さて、入力することはこれで終わりです。

内容を確認して、問題なければお申し込みをクリックです。

申し込みを完了する画面です

すると、どうなるかというと・・・。

これでWordPressのインストールが完了します!

はい、これだけでWordPressのインストールを勝手に完了してくれます!

マジで、ラクすぎます笑。

何度も言うけど、僕が2年前に初めてWordPressを立ち上げたときは自分でインストール作業しましたからね・・・。

記載のあるとおり、ここに表示されている情報はのちのち大切になってくる可能性アリです。画面をスクショして、どこかへ保存しておくことをおすすめします。
画面のスクリーンショット

  • Windows → [Prt Sc]もしくは[Windows]+[Prt Sc]
  • Mac → [Shift]+[command]+[3]

それでは閉じるをクリックして、ConoHaWINGの管理画面へいきましょう。

ConoHaWINGの管理画面に切り替わります。

お疲れ様でした。これでWordPressのインストールは終了です!
Tomo

ConoHaWINGでWordPressを開設したら次にやるべきこと【必須の設定をしよう】

ConoHaWINGでWordPressを開設したら次にやるべきこと【必須の設定をしよう】

続いてやるべきことは下記の4つ。

WordPressブログ立ち上げ後まずやること

  1. サイトが表示されているか確認する
  2. WordPress管理画面へログインする
  3. WordPressの初期設定をする
  4. サイトのSSL化を確認する

上記は、マストでやっておくべきことです。

特に、初期設定とサイトのSSL化はめちゃくちゃ大切ですよ。これやらずにサイトがお釈迦になっちゃう人も多いんで、注意。

サイトのSSL化は、必ず1番はじめにやること。記事を書くよりも前に、済ませておく必要があります。さもないと、ユーザーからも、Googleかも嫌われるサイトが出来上がります・・・笑

手順は簡単で、トータル10分で終わるのでどんどんいきましょう。

順番に見ていきますね。

1.サイトが表示されているか確認する

下記のとおりです。

ConoHaWINGの管理画面で、ブログのURLをクリックします

クリックすると・・・。

あなたのWordPressブログができていることがわかる画面です

これが、あなたのブログです。

なんか、おめでとうございます!(笑)

今はWordPress側が用意したデザインが自動表示されています。記事を書いたり、デザイン・色を変更したり、写真を貼り付けたりする作業を、WordPressの管理画面から行います。

これであなたもブロガーでございます。ようこそ!

2.WordPressの管理画面へログインする

ConoHaWINGの管理画面で、WordPressへのリンクをクリックします

クリックして、管理画面へジャンプ。

WordPressの管理画面です。

悩める人
「あれ?パスワード?なんだっけ・・・???」

WordPressのパスワードは、申し込みの際に入力したものです。

このWordPressのログイン画面は、ブログを書くたびに使います。一生、この画面にアクセスしまくることになります(笑)

パソコンのお気に入りに追加しておくと便利ですよ。

これからは、この管理画面であなたのブログを色々とカスタマイズしていくことになります。

記事の執筆・投稿もこの画面から行います。

3.WordPressの初期設定をする

やるべきことは、下記です。

ブログの初期設定とは?

  1. サイトのタイトルを決める
  2. サイトのキャッチフレーズを決める(無くてもOK)

管理画面の左側にあるメニューバーのうち、設定一般をクリックしてください。

下記の画面になります。

WordPressの一般設定画面です

こちらで、サイトタイトルとキャッチフレーズを入力できます。

SEO(検索エンジン最適化)の面からみても、サイトタイトル(=ブログ名)は重要です。なぜなら指名検索があるから。

サイトタイトルは、ユーザーがキーボードで打ちやすい文字列にしておくのも1つの手です。

例えば僕のブログは、すべて小文字で「tomosanblog」です。「Tomo-san-Blog」とかでもいいんですが、大文字や記号が混ざると入力されにくい点を考慮しました。

更新情報(2021.01.15)

サイトタイトル(=ブログ名)を、「こころのともブログ」に変更しました。

理由は、何となくです!(笑)

キャッチーなブログ名や、短くてインパクトのあるブログ名を、考えてみるといいですね。
Tomo

※なお、その他のWordPressブログの初期設定については、完全ガイドを記事にまとめました。

こちらもぜひどうぞ。

4.サイトのSSL化を確認する

さて、最後にSSL化についてお話ししますね。

これめちゃ重要です。

SSL化とは

  • インターネット上の通信を暗号化する技術のこと
  • サイトがSSL化されていないと、通信が暗号化されない
  • 暗号化されていない通信は、第三者から改ざんされる危険性がある

ざっくりと上記の理解でOK。SSL化は、ブログの安全を守るために必須ってことです。

そして何より厄介なのが、下記です。

SSL化されていない状態のサイトのアドレスバーSSL化されていないサイトのアドレスバーです

SSL化されていないと、ユーザーがあなたのブログを訪れたときに上記のように表示されます。

「保護されていない通信」の表記は、明らかにユーザーのサイト離脱率を上げることがわかっています。検索エンジンも、SSL化されていないサイトは上位表示させづらくするアルゴリズムを組んでます。

「このサイトは安全じゃないよ!」って表示されてたら、皆ブログからすぐ出て行っちゃいそうじゃないですか?

それじゃあせっかく記事を書いても読んでもらえない。悲しすぎます。

ブログの価値を下げてしまうので、はるはやでSSL化をするべきです。

とはいえ、ConoHaの場合やり方はかんたん。

まず、ConoHaWINGの管理画面へいきましょう。

登録したレンタルサーバーで、SSLが「ON」になっているかを確認します。

サイト管理サイトセキュリティ無料SSLへ行きます。

ConoHaWINGのSSLに関する画面です

このようにConoHaWINGでは、無料でSSLに対応してくれます。

ここが「利用中」になっていれば、OKです。

もしもまだ「設定中」なら、少し待ちましょう。どんなに長くても30分ほどで利用中に変わるはずです。メシでも食べてください(笑)
Tomo

続いて、今度はWordPressの管理画面から設定一般へ行きます。

そこで、サイトのアドレスを書き換えましょう。

WordPressのURLをhttps://に書き換えている画面です

はい、完了。

自分のブログへもう一度アクセスし、アドレスバーに「鍵マーク」がついていればOKです。

SSL化できると、アドレスバーに鍵のマークが表示されます。

これで、最低限の準備は整いました!

あとは、記事を書いたり、デザインをいじってみたり、テーマを導入したり、プラグインを導入したり・・・自由です。

ここまでで、おそらく早ければ10~30分くらいかと。ConoHaWINGでWordPressを始める手順を、解説しました。

※何か不明点があれば、僕のTwitterからDMいただければお答えします。

»@Tomo___san_2525

WordPressは、難しいと感じる人もけっこう多いですよね。

しかし、正しいブログ構築をすればアクセスも伸ばせますし、デザインの幅も無限大になったりします。

そして、やってれば、慣れます(笑)。

いろいろなことを試しつつ、WordPressに慣れるのが1番だと思います。

今後も、WordPress運営で押さえておくべきポイントを記事にまとめていきます。サイトがGoogleから低評価を受けないために、ぜひぜひ注意してサイト管理しましょう。
Tomo

それでは、この記事は以上です。

-WordPress
-

© 2021 こころのともブログ Powered by AFFINGER5